アドセンス審査に合格して分かった驚きの不合格理由と7つの真実

   

こんにちは。ちゃんママです。

2016年12月13日。ついに、念願だったGoogleAdSenseに合格することができました!振り返れば初めて挑戦したのが2016年9月16日で、あれから足掛け3ヶ月・・・。やっとだよ~嬉しいよ~涙が出たよ~!

非承認のメールが来るたびに撃沈し、心の中では諦めよう!頑張ろう!の行ったり来たりの日々でした。挑戦する事5回!沢山の方のブログも拝見し、自分なりに解決策を模索していました。そしてある結論にたどり着き改善した所、この度の合格に至りました。

そこで、今回は私がアドセンスに合格して分かった事、決定打になったであろう(あくまで推測ですが)改善策をご紹介します。

私が不合格だった理由

初めての挑戦だった、9月から私が不合格だった理由は一貫してGoogle のポリシーに準拠していないサイトでした。

「ヒントを参考にアドセンスの要件を満たすようなブログにしてからもう一度審査してね!」と言われても、ヒントがアバウト過ぎて何もわからない(涙)

もちろんコピペして書いた記事は1つもありません。でも、引用して書いている記事はあります。「これはブログで紹介したい情報だ!」と思った事を書いているのですが、それが他のブログには全く書かれていない内容か?と言われると、そんなことはありません。

「じゃあ、独自性のある内容ってなんなのさ!?」と求められていることが分からなくなったこともありました。

あるブログとの出会い

多くを語ってくれないグーグルですから、具体的な解決策は自分で見つけるしかありません。「どうしたもんか。」と途方に暮れながら、ネット検索をする日々の中で1つのブログに出会いました。

【画像OK】嘘ばっかり!Googleアドセンス審査ポイント【他社広告OK】

イエローさんという方がが運営している、「ペンと羽根と、ペンライト」というブログの記事です。初めて拝見した時は衝撃的でした。

だって、私は「アドセンスの審査に合格するためには画像を貼ってはいけない!他の広告もダメだ!」と思っていましたから。合格するまでは、アドセンス審査仕様のブログ運営をしなくては!と肩ひじ張っていた気持ちがとても楽になりました。

そして、アドセンスポリシーやウェブマスター品質ガイドラインをきちんと理解する事の重要性も教えてくださいました。

そしてこのブログはアドセンスに落ちまくって困った方の駆け込み寺的な存在になっていますw。不合格で悩んでいる方や合格した方、沢山の方がコメントを残しており、それも大変参考になりました。

イエローさん、コメントしていた皆さん、有益な情報を本当にありがとうございました。審査合格への突破口が見いだせない方は、是非一度イエローさんの記事を読んでください。

合格するまでに施した対策と決定打

合格するまでに施した対策

グローバルナビゲーションの設置

初めてアドセンスの審査を申し込んだ時には、グローバルナビゲーションという存在すら知りませんでした。これが無いとユーザーにとって利便性の悪いブログと判断されてしまうようです。もし、設置していない方は急いで作りましょう。

カテゴリーの数を減らす

カテゴリーが無駄に多くて、1つのカテゴリー1記事というものが何個もありました。このようなカテゴリーが存在すると内容が薄いブログと判断されてしまうそうです。私の場合は一番少ないコンテンツで記事が2つになるようにしました。(ヘルプフォーラムでは最低3つと書いていたような気がしますが・・・)

ブログの書き方の見直し(クリックの誘導、禁止コンテンツ)

「こちらのサイトをご覧ください」とか「詳細はこちらのサイトに掲載されています」という表現は誘導とみなされ、アウト!だそうです。何回かこのような表現を使っていたので、これらも修正しました。

画像を入れる

画像が1枚も無いブログは、逆に未完成なブログと判断される可能性が高いようです。なるべく「NO IMAGE」を無くすように画像を挿入しました。

その際、赤ちゃんの裸の写真を貼っていた記事があったのですが、その写真は削除しました。グーグル様的には赤ちゃんでも裸はNGとヘルプフォーラムでおっしゃている方がいましたので。

沢山記事を書く

記事を書けば書くほど、次の審査で不合格になった時に修正ポイントが分かりにくくなる・・・。と躊躇する気持ちはありました。

しかし、記事を書かないと動的なブログに見られない、PVは増えない、自分も成長しない、ってか本来更新しないブログなんてブログじゃない!と開き直り、1週間に2、3回のペースですが更新するように心がけました。

過去記事を見直す

新しくブログ記事を書くと同時に過去記事を見直す作業にも着手しました。不自然な改行や、読みにくいブログはユーザーの操作性を悪くしてしまうのでマイナスポイントです。アドセンス以前に、読みにくいブログはブログ失格です。

見直してみると書いている時には気付かなかった、気持ち悪い表現や不自然な文章なども目につきます。アドセンスの審査うんぬんでは無く、この作業はとても意義のある事だと実感しました。

ブログタイトルの変更

結果的にこれが一番功を奏した対策だったのではないかと思っています。と言いますのも、以前は『ママりょく向上委員会』というブログ名で運営していました。

このブログ名を検索してみると綴りこそ違えど、同じ名前のブログが何個がヒットするんです。無知な私は「数あるママりょく向上委員会の中で、一番のブログになってやる!」と意気込んでいました。

しかし、これこそが災いの下でした。どういうことかと言いますと、つまり『同じブログ名=コピーブログ』と判断されていたのでは無いか?と推測するに至ったのです。

であれば、不合格の理由に独自性のあるブログにしなさいね!と書かれていたことも、どんなにコンテンツの修正をしても、一瞬で不合格とされていたことも納得できます。

弱小ブログと言えど3ヶ月続けてきたブログの名前を変更することは、ちょっとだけ勇気のいる事でした。しかし私には迷っている暇はありません。

新しいブログを作るよりは、タイトルを変更した方が良いと思い慎重に慎重を重ねた結果、ブログ名を『ママりょく向上委員会』から『ままれっじ』に変更しました!

変更してから1カ月は申請を我慢して記事の更新を続けました。

その結果・・・2016年12月5日ついに1次審査合格の通知が届いたのです。

合格して分かった事

ネット上には多くの情報が溢れています。しかし、知識として得ていた事と、事実が違うこともある!という事を実感しました。これはあくまでも私が体験して感じた事実です。参考程度にお見知りおきください。

画像・引用・広告どれもOK

これは、もはや常識化しています。案の定、私も画像・ASPの広告・引用を多用しましたが合格できました。ただし、これらを使用するにも限度があります。めちゃくちゃ広告が多いブログや、記事の半分以上が引用などは流石によろしくないと思います。

PVは関係ない

ここ最近のアドセンスに合格するためには、ある程度のPVが必要。という噂があります。しかし、これは私が言い切りましょう!アドセンスの審査にPVは関係ないよ!

このブログは開設4カ月時点で一日のPVが30前後という、超が何個もつくほどの弱小ブログです。スパムさんがたくさん来ても80位です。

こんな吹いたら飛んでいきそうなPV数のブログでも、合格しましたのでPVはほぼ関係ないと断言できます。

カテゴリー2つのものがあっても大丈夫

カテゴリーの中の記事数が少なすぎるとダメ。3つ以上はあった方が良い。と言われていましたが、2つでも大丈夫でした。

しかし、これも程度問題だとは思います。全くカテゴリーに記事が入っていない物があったり、1・2記事のカテゴリーが複数とかだと危険な感じはします。

「不適切な表現」常識の範囲内でOKな文言は大丈夫

何回も不合格が続くと一語一句の表現に敏感になり、些細な表現にも不安になってしまいます。「この単語はNGかな?でもこの単語を使わないと書けないし・・・。」と悩んで書いたのがこの記事達です。

1、森山直太朗の生歌はやっぱり凄かった。「大傑作撰」は本当に傑作だね!!

2、私が実践した寝かしつけ方8選。最も効果があった方法とは?

1では「酒」という単語を使っていいのか?2では「乳」という単語を使って良いのか?悩みました。今となって思えば、これらの単語も使えないとなればブログを書くのはかなり困難になりますよねw牛乳って書けないじゃん!みたいな。

しかし、あの時は全てが『黒』に思えていたのですよ。

噂に聞くところ、文脈や記事の内容でその単語が適切か不適切か判断されているようです。私の記事は、お酒の販売でもアダルティーな内容でも無かったのでこれらの単語を使っても問題はありませんでした。

育児ブログで母乳とか授乳の話題を扱えないとしたら、かなり窮屈ですもんね。

「独自性」って何?

独自性の迷路に迷い込みましたよー!独自性って何?私らしさって何?ってか私って何?みたいな。これだけネットで様々な情報が溢れている中で、全く誰とも被らない話題を書き続けるのは至極困難であります。

誰とも被らないってことは完全オリジナルってこと!?・・・もはや空想や妄想もしくは昨晩見た夢の話でも書くしかないじゃん(涙)

いやいや、グーグルさんが求めている独自性は完全オリジナルという意味ではありません。世の中に溢れている様々な情報に対して、あなたがどう思ったか?どう感じたか?どうしたいか?などの主観的な事なんだと思うんです。

情報は1つでも感じ方や考え方は十人十色です。これが独自性につながるのではないでしょうか?ですから、記事には必ずあなたの感じた事や考えた事を入れるようにしましょう。

ブログ名や記事タイトルも手を抜くな!

ブログ名は本当に気を付けてください!コンテンツもパーフェクト!ブログの操作性も申し分なし!それでもアドセンスに合格できない・・・という方は、一度ご自身のブログ名を検索にかけてください。

同じブログ名がヒットした場合、不合格の原因はそこにあるかもしれません。

毎日更新しなくても大丈夫だった

一次審査に合格してから二次審査の結果が来るまでは毎日ブログを更新する!と目にしましたが・・・私が二次審査期間中の8日間で書けた記事は2つです。少なっ!!

それでも合格できたので、毎日である必要は無さそうです。ただ、1日も更新などしなかった。となると動的なブログに見えない可能性もあるそうなので、最低1回は更新した方が良さそうです。

まとめ

ここに記載した内容はあくまでも私の推測レベルの話です!もしかすると、私がアドセンスに合格できたのは、ブログ名を変更したからでは無く他の理由かもしれません。

全てはグーグル様のみぞ知る・・・です。

ただ、同じブログ名が存在するというのは今後の運営的にもあまりよろしく無いと思いますので、思い切って変更して良かった!と思っております。

もしアドセンス審査に行き詰まり八方塞がり状態に陥っている方は、ブログ名などコンテンツ以外にも目を向けてみると、意外な解決策が見つかるかもしれません。

こんな弱小ブログ運営者の体験が少しでも誰かのお役に立てれば幸いです。

以上で本日のままれっじを終了いたします。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 - 体験談 , ,