面倒な作業なし!カーペットにこぼれた牛乳の臭いが魔法のように消える方法!

      2016/12/18

こんにちは。ちゃんママです。

子供はとにかく食べ物や飲み物をこぼします。フローリングなら拭けば元通りになるのですが、カーペットだとかなり悲惨なことになります。

先日我が家の1歳の娘がカーペットに牛乳をこぼしました。正直、一番こぼしてほしくなかった汁ものが牛乳です。何故かって?

めちゃくちゃ臭いし、その臭いがなかなか取れないからです。

「カーペットを丸洗いするわけにはいかないし・・・どうしよう。」と途方に暮れながらも試行錯誤した結果、ある方法で魔法のように牛乳の臭いを取り除くことが出来ました。

今日は私が実践したその方法をご紹介します。材料はどこでも売っているアレたった1つです!

スポンサーリンク

私が試した方法をご紹介します

いきなり結論から

もったえぶってもしょうがないので、いきなりその方法を紹介しちゃいます。私が試した方法とは

重曹を振りかけて掃除機で吸い取る!

たったこれだけです。いかがですか?めちゃくちゃ簡単ですよね。

「そんなんであの手強い牛乳の臭いが取れるわけないじゃん!」と疑い気味のママさん!騙されたと思って試してください!まじで臭い消えますから!

やり方

img_0471

①こぼしてしまった牛乳をしっかりタオルで拭きます。その後もう一度、濡れタオルでこぼれた場所をしっかりと拭きます。

img_0472

②拭いたところに重曹をまきます。この画像では重曹をまいた部分にかなりムラがあるのですが、なるべくムラ無く満遍無くまいてください。

と言いますのも、重曹が乾く時にイヤ~な臭いを吸着してくれるので、重曹がキレイに行き渡っていないと臭いが残ってしまうのです。

③カーペットがしっかり乾いたら、まいた重曹を掃除機で吸い取ってください!

以上!ねっ!とても簡単でしょ。

乾いてからでも大丈夫でした!

私の場合、こぼした牛乳を拭いた場所が一度完全に乾いて尚且つ2,3日経過してからこの方法を試しました。それでも臭いはしっかりすっかり消えていたので、こぼしてから時間が経った臭いでも効果があります。

臭い場所を濡れタオルで拭き、再びカーペットを湿らせます。そこに重曹をまき、乾いたら掃除機で吸い取ればOKです!

カーペットに鼻がくっつく位近づいても、臭いがしませんでした。これは感動だーーーー!(カーペットが完全に乾くには結構時間がかかりますので、寝る前に重曹をまき翌朝掃除機をかけるのが一番良いかと思います。)

注意!畳には絶対重曹をまいてはいけません

畳に重曹をまくと畳が黄色っぽく変色してしまいます。絶対にまかないでください!一度変色した畳の色は、どんなに頑張っても元には戻りません。(経験済み)

重曹の持つアルカリ成分が、畳の原料であるい草を黄ばませてしまうそうです。

時間が経てば戻るかな?と思って様子を見ていたのですが、元の色に戻る気配は無し。我が家の畳は一部分だけ世界地図のようになってしまいました。トホホ

まとめ

牛乳をこぼした後の、何とも言えぬ腐敗臭は正直耐え難いものがあります。だからと言って、こぼす度にカーペットを洗う訳にはいきません。だって、いつまたこぼされるか分からないし(涙)

そんな時は、是非この重曹を使ってみてください!重曹は薬局や100円ショップ、ホームセンター等どこでも手に入ります。

鍋の焦げ落としや、掃除、入浴剤としても使えるので常備しておくと安心できるアイテムです。食用もOKな重曹なら湯豆腐に入れたり、ケーキ作りにも使えますよ!重曹万能すぎるーー!

この方法を知った今、牛乳こぼしだなんか怖くない。さあ、娘よ。どんどんこぼしなさい。とは言えないのですが、以前より牛乳こぼしへの恐怖感が薄れたちゃんママでした。

以上で本日のままれっじを終了いたします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

 

 - お役立ち情報 , ,