魚の骨が子供の喉に刺さっちゃったよー(涙)こんな時の正しい対処法は?

      2016/11/06

こんにちは。ちゃんママです。

我が家での晩餐中、長女が突然

「痛い――――!魚の骨が刺さったーー!!」

と大泣きし始めました。急いで口の中を覗き込むも、骨らしきものは見つからず・・・。ライトを使って喉の奥を照らしてみましたが、まだ舌の動きを上手くコントロールできないのか舌が邪魔をして喉の奥は見えず。

お姉ちゃんのあまりの尋常でない泣き方に、妹までつられて泣き始める始末。娘が痛いと指示する所に骨は刺さっていないので、

「もう、骨なんて見当たらないよ!一度落ち着いてお茶を飲みなさい。その後、カッカッってやってごらん。」

と言い、お茶を飲ませました。気持ちが落ち着き泣き止んだ娘は「カッ、カッ、カッ」と何度も毛玉を吐く猫さんのように、喉の奥の異物を出そうと試んでいました。

そしていきなりケロッとして「もう痛くない。」と言いながらご飯を食べ始めました。

正しい対処法

今回は鮭の小骨だったので、「カッカッ」の勢い?お茶で流れた?大泣きの勢いで取れた?のいずれかの理由で取れたのだと思います。

これが大きな骨だったら上記の方法で取り除くことはまず無理です。大きな骨が刺さってしまった場合の正しい対処法は、口の中をしっかり確認し骨を取ってあげることです。間違っても食べ物を無理やり食べさせてはいけません

砂に刺さった釘を想像すると分かりやすいと思うのですが、柔らかい場所に刺さっている場合ちょっと力が加わると、どんどん深く刺さってしまいます。

喉に刺さった骨も同じで、骨が刺さった時に(特に骨が太い場合)食べ物を無理やり食べると、骨がより深くに刺さってしまう危険がありますのでやめた方が良いでしょう。

喉を見渡しても骨が見るからない場合は、病院に行き骨を取ってもらいましょう!「たかが骨、放っておけばいつか取れるでしょ~!」と骨を甘く見てはいけません!!

骨が喉に刺さったまま放置しておくと、刺さっったところが炎症を起こしてしまい、発熱を引き起こしたり喉が腫れてしまう可能性があります。

一日ないし半日様子を見ても取れない場合は迷わずお医者さんに行きましょう。

骨が刺さらないために

魚を食卓に出さない!というのは解決策にはなりません。魚魚魚~♪魚を食べると~♪頭頭頭~♪頭が良くなる~♪という歌がある位です。魚はモリモリ食べて欲しいですよね。

親ができる対策としては、

①魚の骨を注意深く取り除いてあげる

②骨なしの魚を購入してあげる

③骨まで食べられる位めちゃくちゃ煮込んであげる

といったところでしょうか。骨なし魚はスーパーでも見かけます。離乳食にも使えてとても便利な品です。しかし、普通に買うよりもちょっと割高ですので、毎度毎度この便利な品を購入し続けるのは家計にダメージが大きいです。

めちゃくちゃ煮込んだ魚はとても美味しそうですが、手間がかかり過ぎます。やはり毎度毎度作る事は難しそうです。

となると一番現実的なのは親が注意深く骨を取り除いてあげる事です。丁寧に丁寧に。一本たりとも取り残すことなく完璧に取ってあげるのです!

いやーー、そんなの無理だ~~!ママも人間ですからね。見逃してしまう事だってありますよ。むしろ一本残らず取り除く方が難しいです。現に今回の我が家の娘に刺さった魚の骨も、私が見落としてしまったものでした。

魚の骨との戦いは親のチェック機能だけでは不十分です。「え~、じゃあ魚の骨が刺さらないための一番良い対象放って何なのさー!?」

一番確実かつ重要なのは子供が最後までよく噛んで食べ、自分自信で魚の骨に気づき取り除く事です。(でも、まだ自分で食べる事ができない幼子に与える場合は完璧を貫くしかありません!!)

実際我が娘も骨が刺さってからはよく噛んで、自分でも骨に気を付けるようになりました。魚の骨との戦いは、親だけでは無理!子供だけでも無理!です。親と子の二つの目で対応するのが一番効果的です。

まとめ

私も子供の頃アジフライの骨が喉に刺さり、まる一日取れなかったという痛い経験があります。発熱もせず化膿もしなかったのですが、アジフライが嫌いになったという代償を払いました。

子供の頃にこういう危険な経験をしてしまうと、好き嫌いのきっかけを作る事になりかねません。何でも美味しく食べられたほうが人生は100倍楽しくなります。それに魚は栄養の面でも優れていますので、成長盛りの子供には是非モリモリ食べて欲しいですよね。

今回の苦い体験を通し、私も娘も魚を食べる時にはこれまで以上に注意を払うようになりました。人間はなんでも経験から学んでいきます。とは言っても魚の骨が刺さるのは地味に辛いので、できれば二度と経験して欲しくはないですが( ;∀;)

うん。本当に気を付けよう。。。

ということで本日のままれっじを終了いたします。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

 - 健康 , , , ,