我が家が子供と飛行機に乗る時に気を付けている事!!と必需品。

      2017/02/13

こんにちは。ちゃんママです。

我が家では帰省する際に飛行機を利用します。移動時間を少しでも短くしたいという思いからなのですが、小さい子供と飛行機に乗る事って結構大変ですよね。

特にまだ親の言う事を聞いてくれない乳児期や幼児期の子供に何時間もじっとしておいてもらう、なんて事は至難の業です。

飛行機を利用している方には旅行の方もいればビジネスの方もいます。どんな状況の方にも不快な思いをさせないようにできる限りの努力をする!のは親の務めだと思うんです。

そこで今回は毎年子供と飛行機旅をする我が家で気を付けている事と必需品をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

飛行機に乗る時に気を付ける事は?

座席の位置

まず一番最初に気を付けているのは飛行機の座席の位置です。ほとんどの航空会社では航空券の予約をする時に座席を指定できます。(LCCは座席指定には別料金がかかる事が多いようです。)

我が家では大抵座席は一番後ろの席か一番前の席を予約するようにしています。その理由は・・・

・子供が泣き出したり暴れ出した時に席を離れてあやしやすい

・授乳の時に人目に付きにくい

・トイレが近い場合が多い

・後ろ、もしくは前に人がいないだけで気を遣う度合いが減る

小さい子供、特に赤ちゃんは飛行中に泣き出す可能性が大いにあります。その時の対処法としては授乳するか抱っこしてあやす、のどちらかが多かった我が家では一番後ろの座席が最も勝手が良かったんです。

座席が真ん中の方では、人の目も多いですし身動きも取りにくい感じがするんですよね。一番後ろなら子供が泣いてもすぐに授乳できますし、サッと立ち上がって子供をあやす事ができて便利ですよ。

飛行機を降りる時には一番最後になってしまうのですが、子連れは荷物も多いし準備も大変です。ゆっくりのんびり飛行機を降りる準備ができるので一番最後の方が逆に気楽ってもんです。

いそがしいビジネスマンは到着したら一秒でも早く飛行機を降りたいと思うのか、前の方に席を取る方が多いように思います。

飛行機の一番後ろの座席軍は子連れの人達率が高いので、万が一子供が暴れ出しても少し安心感があります。

カバンを2つに分ける

飛行機に乗る時、荷物は頭上の棚に収納しますよね。しかし、子連れママは他の人と同じように全ての荷物を収納することはお薦めしません。

私は子供関係の品物やすぐに取り出したいものは、サブバックに入れ足元に収納するようにしています。そうしないともうシッチャカメッチャカになっちゃうんですもの~。

子供の機嫌が悪くなりそうになったらお菓子を与え、飛行機に飽きてきたらおもちゃを与え・・・

子供用の食べ物やおもちゃ、タオルなどのアイテムは何度も入れたり出したりしなくてはいけないですよね。それを一回一回頭上の収納に対して行うのはママも大変ですし、周りにもご迷惑になってしまいます。

ですから必要なものはあらかじめサブバックに入れて足元に置くようにすると良いですよ。

必ず持って行くもの

飲み物

飲み物は子供の機嫌を取るため以外にも大切な役割があるので必ず持って行きます。

グズグズしだした子供を一瞬で静かにさせるパワーが、飲み物・特にジュースにある事はママなら誰しもご存知のはず。しかし、飛行機に乗る際は飲み物がもう1つ大切な仕事をしてくれるのです。

その大切な仕事とは、ズバリ『耳抜き』です。

飛行機に乗ると急な気圧変化の影響で耳に違和感を感じたり痛くなったりします。(体質によって痛みを感じる人と感じない人がいます)

大人だったら自分で対処できますが、子供は耳が痛くなってもどうすることもできません。ましてやまだ喋れない子供の場合は激しく泣いて訴えることしかできません。

以前乗り合わせた飛行機で、もうすぐ着陸という時に泣き出した赤ちゃんを一生懸命あやしているご夫婦を見かけました。しかし、どんななにあやしても赤ちゃんは泣き止みません。

きっと耳がとても痛かったんだと思います。親としては子供がいきなりギャン泣きを始めたら焦りますよね。あの時のご夫婦もとっても焦ったと思います。

そうならない為にも、急に気圧が変化する離陸時や着陸時には飲みもを与えてあげると良いです。

飲み物をゴックンと飲み込む動作が自然と耳抜きになるのです。授乳中のママさんは授乳をしてあげると良いと思います。それで寝てくれたらラッキ―!!快適なフライト時間を過ごせます☆

おもちゃ

フライトが長時間になる場合、子供の集中力をどうやって持たせるかも大問題ですよね。お菓子をずっと与え続ける訳にもいかないし、大きな声でおしゃべりする訳にもいかないし・・・

そんな状況に備えてママはおもちゃを準備しますよね。(ですからママのカバンは荷物が沢山になっちゃうんですよ~)飛行機ではそのおもちゃ選びも気を遣ってしまいます。

飛行機って本当に静かなんですよね。お疲れのビジネスマンにとっては唯一休息できる場所なのかもしれません。いや、飛行機の中でもお仕事をしている方も沢山いらっしゃいます。

そんな空間で音が鳴るおもちゃなんて絶対使えません。「音が鳴るおもちゃの持ち込み禁止」なんてルールは無いんですよ。いわゆる暗黙の了解ってやつです。

ですから我が家では飛行機に持って行くおもちゃは、お絵かきセットや絵本などの音が鳴らないおもちゃを選ぶようにしています。

まとめ

これらはあくまでも我が家のマイルール的なものです。もし共感される事柄がありましたら是非参考にしてみてください。

飛行機に乗るのは自分たちだけではありませんからね。みんなが離陸から着陸まで快適なフライト時間を過ごせるよう配慮することも大切な役割だと思うのです。

子供と一緒に飛行機に乗る事はとっても大変です。しかし、その大変さを分かってくれる方も沢山いると思います。ママがきちんとした行動をとっていれば周りは温かい目で見てくれるはずです。

あなたの空の旅が素敵なものになる事を心から願っています。

以上で本日のままれっじを終了いたします。

最後まで読んで頂きありがとうございました。



 

 

 - 未分類 , ,