これって食物アレルギー!?大好きなイクラを食べて起こった悲劇とは!?

      2016/11/27

こんにちは。ちゃんママです。

好きな食べ物を食べている時は、とても幸せな気分になります。育児に追われる日々のストレスも美味しいものを食べている時は、すっかり忘れ『美味しい!』という束の間の幸福感に浸る事ができるんです。

ところが、そんな幸せな時間を恐怖へと変えるのが「食物アレルギー」です。奴は、ある日突然私にも牙をむき始めました。

今まで食べられていたはずなのに・・・

以前書いた「くら寿司」ネタで

「大好きな「くら寿司」の好きな所を10個考えてみた!!お得に食べられる情報もあるよ!」

寿司が食べられない事は告白したのですが、全部が全部食べられない訳じゃーないんです。マグロ、イカ、蒸しエビ、そしてイクラは大好きなんですよ!贅沢ですよね~。

ところが、最近私の体にある異変が起きています。

実は・・・

イクラを食べると吐いてしまう~~。あ~もったいない。もったいない。今まで一体何粒のイクラを犠牲にしたことか。(汚いお話しですいません。)

以前は、全く何の問題もなく、何個でも食べられていたイクラなのですが、昨日は口に入れた途端に嵐のごとく様々な体調変化が襲ってきました。

まず初めに、焼けるような胸の痛みがやってきまして、それが徐々に、体の管を通り胃・頭まで広がっていきました。

「なんか、気持ち悪い。」

と言って横になると、今度は唇が腫れ始めプックリたらこ唇ちゃんに。それと同時に喉も腫れたようで、唾をのみ込むと何かが引っかかるような違和感を感じるようになりました。

「ヤバい。ヤバい。今日はなんかヤバい。」

と思いつつキッチンに行きましたが、いかんせん立っていることができません。

「片づけは後にして、娘を寝かしつけながら自分も横になろう。」

と横になって30分くらい経った頃でしょうか?焼けつくようね猛烈な胸の痛みと共に吐き気が襲ってきまして、そのままトイレにダッシュ!!

そして、、、リバース。吐いたらちょっとすっきりしたのですが、胃のムカムカは朝まで続いていました。

「私の体は一体どうしちゃったの!?今までは普通に食べられていたイクラなのに・・・」

と思いながら、調べてみるとこんなキーワードが目につきました。

食物アレルギーとアナフィラキシー

「私、食物アレルギーなんて今まで無かったのにな。。。」

食物アレルギーとは

食物アレルギーは本来私達の体に備わっている免疫反応が、食べ物に含まれるタンパク質を異物(アレルゲン)と認識してしまうことで引き起こされます。

食べてからすぐに症状が起きる「即時型アレルギー」が多く、食べた直後から遅くとも4時間以内に症状がでます。症状は大きく以下の4つに分けられます。

皮膚症状・・・蕁麻疹、湿疹、皮膚が赤くなるetc

呼吸器症状・・・咳、喘息発作、呼吸困難etc

粘膜症状・・・むくみ、瞼の腫れ、涙が出る、喉がイガイガするetc

消化器症状・・・嘔吐、腹痛、下痢etc

更に食物アレルギーにより引き起こされたこれらの症状が重症化し、同時に2つ以上起こる事をアナフィラキシーと言います。

そして、ぐったり・意識障害・血圧低下がみられる状態をアナフィラキシーショックと言い、適切な処置をしないと生命に危険が及びます。

食物アレルギーめっちゃ恐ろしいですよね。

なぜ食物アレルギーになるの?

食物アレルギーは子供に多いそうです。食物アレルギーを持っている患者の80%以上は6歳以下と言われています。

子供は消化機能が未発達なため、アレルゲンであるタンパク質を上手に消化することができないのが原因の1つと考えられています。

ですから、成長すれば食べられるようになるケースも多いのだとか。しかし残念な事に、幼児期以降に発症した食物アレルギーは治りにくいそうです。

大人の場合は、アレルゲンとなる食物を長年の間摂取し続ける事により、突然アレルギー反応が起こる事があるみたいです。

そう、まさに私のパターンですね。超急転直下の寝耳にwater状態です。

また実は子供の頃から、ある食物に軽いアレルギーを持っていたけれど、気付く事無く成長してきた!というパターンもあるそうです。

そして、非常に耳の痛い話なのですが、大人のアレルギーは「生活習慣」の乱れによって引き起こされる事もあるのだとか。

食生活とか不規則な生活とかストレスとか・・・思い当たる節が多すぎて、「これが原因かも・・・」と特定できない悲しさ。

私の場合なんですが、疲れている時は特に症状が出やすい気がするんですよね。やはり、体が弱っていると免疫機能が誤作動を起こしやすくなるのでしょうか?

まとめ

病院に行って検査をした訳では無いので、まだ食物アレルギー確定ではありません。がしかし・・・もう怖くてイクラを食べる勇気がございません。好物が1つ減ってしまいました(涙)

食べながら少しづつ慣らしていく・・・なんて言う治療法もあるらしいのですが、それは自己判断で進める事はかなり危険なので絶対にやめましょう!

アナフィラキシーショックを起こしたら大変ですからね!

ほとんどのママさんは、解決の糸口が見えないストレスと、365日、常に向き合っている状態だと思います。どうぞ適度にストレス解消をして、突然の食物アレルギーを引き起こさないように気をつけてください!

大好きだった食べ物が急に食べられなくなる、いや、急に凶器になると言うのは何ともやるせないものがありますので・・・

以上で本日のままれっじを終了いたします。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 - 体験談, 健康 , , , , ,