【画像あり】壁のボールペン落書きはガンヂーインキ消で消えたのか!?

      2017/02/08

こんにちは。ちゃんママです。

1歳の娘が日に日に凶暴化していきます。数カ月前までは、コロコロ転がっているだけの可愛い存在だったのに。

今や家中のありとあらゆる物を持ち歩き、いろいろな場所に放置して歩くという、ちょっとした放浪癖に頭を抱えています。今の一番のお気に入りはヤカンのようで、家の至る所でヤカンが発見されます。もはや宝探しです。

その娘が、壁にボールペンで落書きをしました。

「ひ~~~っ!?」

賃貸住まいの為、驚きと焦りでプチパニック。長女の時はこんな事なかったんですけどね・・・。姉妹と言えども、全然性格が違うものです。

ということで、私とボールペンとの戦いをここに記します。

スポンサーリンク

まず始めに

img_0162

こんな状態でした。言葉を失いますよね。

ちょっと目を離した隙の出来事です。よりによって油性のボールペンでやられてしまいました。水性のペンならまだ良かったのですが。

とにかく真っ先に思いついたのが、除光液。だいたいの汚れは除光液でなんとかなる!という根拠の無い自信があったんですよね。

しかし、いざ消しにかかってみると黒いインクが青色に変色し、むしろ汚れが広がりました。その瞬間、私の根拠の無い自信は見事に打ち砕かれたのです。

「さあ、どうしよう。」

洗濯洗剤・キッチンハイター・歯磨き粉までいろいろ試してみましたが、全く落ちる気配はありません。

途方に暮れながら携帯をいじっていた所、「ガンヂーのボールペン用インク消し」がどうやら凄いらしい。という情報を得ましたので、すぐさま楽天で注文しました。

早速使ってみた

ガンヂーが届きましたので、早速使ってみました。

img_0205

白い蓋の瓶、吸い取り用の紙、青い蓋の瓶の3点が入っていました。成分についての記述はなかったため、液の正体は不明です。

使用する際は、喚起をするように!と書いてありましたので、結構キツイ液体なのだと思います。実際、臭いもきつかったですし、青い液がちょっと肌についてしまった時には少しヒリヒリしました。

使い方は、まず白い蓋の液を消したい部分に塗布します。

img_0206

ガラスの棒なので、めちゃくちゃ塗りにくいです。なぜガラス棒なのでしょうか?液をあまり着け過ぎない為なのかな・・・?謎です。

液をつけすぎてしまった場合は、紙で吸い取ります。

次に、青い蓋の液を塗布します。

img_0208

こちらの先端は、マニキュアの様になっているので塗りやすかったです。

そして、こうなりました。

img_0210

どうでしょう?少し薄くなっているのがお分かり頂けますでしょうか?

さすがに一回では何もなかった事に~!という程キレイにはなりませんでしたね。説明書きにも、1回で消えない場合は同じ作業を繰り返してください。と書いてありましたので。この作業を2、3回は繰り返しました。

結局、全部の落書きを消し終わるのに4日かかりました。疲れた・・・

どうなった?こうなった!

これが

img_0162

こうなりました。

img_0219

遠目で見たらほとんどわからない位になりました。ポイントは遠目で見たらです。

実は残念なことに完璧に真っ白にはなっていないんです。ボールペン本来の色である、黒い色は落ちたのですが、何故か、線の色が茶色に変わり翌日復活していたのです。

ガンヂーをした直後は、「お~線が消えた!」と思った程キレイに消えていました。しかし、液が完全に乾いたからなのか?翌日、復活したんですよね・・・。

復活した線を再びガンヂーした所、線は消えました。しかし、乾くとやはり復活してしまうんです。う~ん・・・謎だ。これも何回か繰り返せば薄くなるのでしょうか?試してみるべきか?(結局疲れ果てて試していません)

ガンヂーが届いてすぐに消した線は、茶色い線として復活することも無くほぼキレイに消えています。消すまでに日にちが経ってしまった線ほど、茶色く残っているようです。

ということは、落書き後すぐにガンヂーしていれば、全てキレイになっていたという事なのか!?ガンジーが届いた初日に2本の線しか消せなかったことが、非常に悔やまれます。

結論

至近距離で見ると、茶色い線が残って見える。

1m離れて見てみると、2,3本茶色い線が見える。

2m離れて見てみると、線は全く見えない。

という結果になりました。完璧に消し去る事は出来ませんでしたが、私的にはやってよかったと思っております。(価格も700円前後とべらぼうに高額な品物ではありません。)そして、これからはガンヂーが手元にありますので、落書きにはすぐに対処する事ができます。(線が消えるか残るかは初動対応で全てが決まります!)

ただ、口コミを見てみると、ペンの種類や、紙の種類などによっては時間が経ってもキレイに消えたり、逆に全く消えなかったりする事もあるそうです。

こればっかりは、実際やってみないとなんとも言えません。ただ、何もせずに諦めるよりは、やってみてダメだった方が諦めがつくと思うので、もし壁のボールペン跡にお悩みのママさんがいらっしゃいましたら、試す価値はあると思います。

以上で本日のままれっじを終了します。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

 - 体験談 , , ,