子供が嘘つきになった。と心配しているママに伝えたいその嘘の真実

      2016/11/13

こんにちは。ちゃんママです。

娘が4歳になる少し前から嘘をつくようになりました。今まであんなに素直だった子が嘘をつくなんて。こんなに小さい頃から嘘をついているのはうちの子だけに違いない。きっと私が毎日怒りすぎるせいだわ。このまま娘の性格が歪んでいってしまったらどうしよう。

ものすごいショックと自責の念が込み上げ、今までの娘への接し方を後悔しました。我が娘のように幼少期から嘘をつく子供は、将来的に嘘つきな人間に成長してしまうのでしょうか?

忘れもしない。初めて嘘をつかれたあの日。

小さくても女子は女子。女の子ってママの化粧品が大好きなんです。私が化粧をしていると横にピタっとくっつき、「わたしもやりたーい!」と、それはそれはキラキラした瞳で羨望の眼差しビームを放ってきます。

しかし、そんなビームもあっさりはねのけ「ダメ!」と一括すママ。シュンと落ち込み、一旦は諦めたように見せかけるのですが・・・ママは知っているぞ!娘よ。私に隠れて化粧品をいじっていることを!

娘は何故か私に見られたくないことをする時には必ず部屋のドアを閉めるんですよね(笑)これが『今いたずらをしている最中ですよ~。』というお知らせになっています、皮肉にも。

ちゃんママ:「○○ちゃん、今何か悪い事してたでしょ!?」

娘:「してないよ~。」←ちょっと焦って半笑い。

ちゃんママ:「本当かな~。じゃあお部屋のドアを閉めて何してたの?」

娘:「えっとね~・・・。」←目を合わせない。

ちゃんママ心の声:「化粧道具いじってたのは分かってるぞ。顔にお粉がついてるじゃないか(笑)」

ちゃんママ:「何してたの?怒らないから教えて!」

娘:「あのね・・・・・・私、お掃除してたの!」

ちゃんママ:「お掃除!?ドア閉めて?」

娘:「そうだよ!だって洗面台が汚れていたから!」←してやったり顔

顔をじーっと見つめて・・・

ちゃんママ:「○○ちゃん。お顔にお母さんのお化粧品がついているよ。怒らないから本当の事言って!お母さんのお化粧品で遊んでいたんでしょ!?」

娘:「・・・うん・・・。」

 

娘が嘘をついた~~~~!!!

 

ショック!!4歳で嘘をつくなんて、いかほどこの子は心に闇をかかえているのだろうか?

私は嘘をつく事なんて教えていないのに。

娘が化粧品で遊んでいたという事よりも、嘘をつかれたという事実の方がショックで悲しかった事を今でも鮮明に覚えています。

そもそも嘘って悪いものなの?

嘘には良い嘘と悪い嘘があります。

良い嘘とは、相手の事を思いやり相手を傷つけないためにつく嘘のことです。

「このワンピース新しく買ったんだ!素敵でしょ☆」

と、センスに一癖ある友人に言われた時「うん。とても素敵ね。」と言ってあげることは優しさがもたらす良い嘘です。(センスは人それぞれですからね。否定してはいけません。)

特にこの優しい嘘というのは、会社の上司やご近所のママさんとのお付き合いには必要不可欠で、優しい嘘をつける技術を身につける事で、人間関係を円滑に進めることができます。

会社の上司に「この時計かっこいいだろう!」と言われ、「めちゃくちゃダサいです。」と言う新人さんよりは「素敵ですね。よくお似合いです。」ぐらい言える新人さんの方が可愛がられますよね。

あるいは、ご近所ママにランチを誘われた時を想像してみてください。あなたはランチには行きたくありません。何と言ってお断りしますか?

「あなたとランチには行きたくありません。」なんて言ってしまった日には、国交断絶宣言をしたも同然です。

きっと「その日は用事があって行けないの~。」とか「体調が悪くて~。」といった嘘をつき、相手を傷つけないようにお断りするのではないでしょうか?これも人間関係を円滑にするための優しい嘘です。

世の中には優しかろうが優しくなかろうが、嘘は嘘!絶対ついてはいけぬ。と言う方もいるかもしれません。しかし、そんな固い事はおっしゃらずに。時には嘘も必要!!嘘も方便なのです。

反対に悪い嘘とはどんな嘘でしょう。

それは相手を傷つける嘘です。

人を騙して自分の利益を得ようとする詐欺はとても最低な嘘です。自分がついた嘘で周りの人に迷惑がかかるような嘘も悪い嘘です。

オオカミ少年も悪い嘘をつき続け、結果人々の信用を失ってしまいました。

では、子供が付く嘘はどちらに分類されるのでしょうか?

答えは・・・

大人にとっては悪い嘘。です。

およ?「大人にとって」ってどう意味ですか?

そもそも良い嘘も悪い嘘も大人の判断基準で決まるものです。その嘘がもたらす結果が悪い事なら悪い嘘、良い結果をもたらすなら良い嘘となります。

ということは、子供がつく嘘はたいてい親にばれたくない事を隠すためのものですから、大人にとっては悪い嘘という事になりますよね。

「それなら、やっぱり子供が嘘をつく事は悪い事なのね!」

という結論になってしまいそうですが、果たしてそうなのでしょうか?

子供が嘘をつく理由

先ほども述べましたが子供はたいてい親に何かを隠したい時に嘘をつきます。

私の娘の場合は、私が触ってはいけない!と言っていた化粧品に触った事が嘘をつくきっかけとなりました。「ママにばれたら怒られる~。」と思い、「そうだ、触ってないことにしよう。」という結論に達し、化粧品を触ったことを隠すために嘘をついたのです。

親を傷つけようと思ってついてはいないでしょう。

ただただ、自分自身を守ろうと思いついた嘘なのです。

子供は嘘をつけるようになったのです!

嘘をつくためには相手の気持ちを考えられる能力が必要です。自分がこの発言をすれば、相手はこういう気持ちになるだろう。と推測する能力が無くては嘘はつけません。

一般的に3歳までは相手の気持ちを理解する能力は無いと言われています。相手の気持ちを推測できるようになるのは4~5歳になってからで、子供が嘘をつくようになるのもこの能力が身につく4~5歳と言われています。

ということは・・・そう、子供は嘘をつくようになったのではなく嘘をつけるようになったのです!

ママさん!おめでとうございます!

あなたのお子様はい子になったのではなく賢い子になったのですよ!

まとめ

こう考えると子供の嘘も悪い事ではなく、成長ととらえられます!

悪い事の中に良い芽を見つけるのは難しい事ですが、子供の行動には必ず理由があるという事を感じさせられた体験となりました。(今、振り返ってみると。)

ただ、嘘は成長の証と言えどその嘘をを良しとするかきちんと注意するかは、嘘の内容を見極めて対応していかなくてはいけないと思うのです。

娘は今でも嘘をつく事がありますが、悪い嘘の時は注意をし、親の気を引くために嘘をついた時は怒らずに付き合うよう心がけています。(疲れて動けない~などいう甘えたい時につく嘘に付き合ってあげる事もしばしば。)

子供の嘘に対していろいろなリアクションをしてみて、少しずつ嘘の正しい扱い方を教えていければいいかなと思っています。

子育てにおいて全て当てはまる事ですが、頭ごなしに子供の行動を否定しても絶対良いことはありませんそんな事をし続けたら、子供はきっとグレます。

その行動で子供が本当に訴えたい事は何なのか!?を考えるのは、ママにしかできない神業的な仕事だと思うのです。なかなか難しいですが・・・。

 

という事で子供の嘘で悩んでいるママさんへ。

 

心配しないで!!あなたの子供は成長して賢くなっているだけですから~!!

 

という事でした。

これで本日のままれっじを終了いたします。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

 - 育児 , , ,