ママ諸君!子供が音痴にならないためにも今すぐ行動せよ!

      2016/11/16

こんにちは。ちゃんママです。

夏の終わり頃。この時期に決まって聞きたくなるのが、森山直太朗の「夏の終わり~♪」とかサザンオールスターズの「四六時中~も好き~と言って~♪の真夏の果実」です

あなたにも、思い出の音楽や忘れることができない大切な一曲はありますか?

自分の心情や目に映る風景とその時に聞いている音楽がマッチすると、なんとも言えない心地よさに包まれます。音楽は私達の生活に彩を与えてくれ、心を豊かにしてくれます。欠かすことのできない一部になっているんですよね。

気が付くと、小さい頃からいつも音楽が日常的に身の回りに溢れていました。

たぶん父が音楽好きだったのでしょう。家にはレコードが沢山ありましたし、家族でお出かけする時には必ず車内で音楽が流れていました。

そんな父の影響で私も音楽が大好きになり、小学生の頃からラジオのカウントダウン番組をカセットテープに録音して聞いたり、テレビの音楽番組を毎週楽しみにしたり・・・日々音楽に触れながら生活を送っていました。

そのおかげか!?「音痴」とは無縁のまま今まで生きてこられました。音楽を聴くことも歌う事も大好き!!自分の子供にもそうなってもらいたいな~という思いも込め本日のテーマは「音痴」についてです。

音痴とは?

音痴とは、音に対して感覚が鈍い人を指す言葉である。とりわけ歌唱に必要な能力が劣る人を指す言葉で使われる。

引用:Wikipedia

更に音痴は2種類に分けられます。

運動性音痴

音の理解はできる音痴さんです。正しい音を頭の中で想像することや、自分が発した音が的確かどうかの評価はできます。しかし、正確な音を発生することができません。声帯の使い方が十分でない事が原因です。

感覚性音痴

音を聞き分ける事ができない音痴さんです。音を捉える時にも、音を出す時にも、自分が出した音が正しかったのか見極める事が出来ません。ですから音痴を自覚しにくく、人から指摘され初めて自分が音痴だと気付きます。

なんで音痴になるの?

親が歌がうまいと子供も歌がうまくなる。

と聞いた事はありませんか?こんな風に言われたら音痴は遺伝によるもの、と思ってしまいますよね。

しか~し、ママさんご安心を。音痴は遺伝ではないのです。音痴を作り出すのはズバリ環境なんです。あれ!?この流れ何かに似ているような・・・あっ!運動神経の時と一緒です。
子供のゴールデンエイジを無駄にしないで!運動神経が良くなるも悪くなるもパパママ次第なんです!!

つまり子供のいかなる能力を形成するのにも、環境はとても大切という事です。

話を戻しまして、やはり親が音痴だったり音楽に興味が無いと子供も音楽に接する機会が減ってしまいます。そうなると正しい音を耳にする機会が少なくなってしまい音痴になりやすくなるのです。

ただ恐ろしい事にこんな説も・・・親が子守唄を歌うと、子供は耳が良いので親が歌った音程でその歌を覚えます。という事は親が音痴だった場合は、子供も不思議な音程でその子守唄を覚えてしまうのだとか・・・

そんな心配のあるママさんは、自分が歌うとともに正しい音程で歌われている歌も聞かせてあげると良いそうです。嘘か誠か・・・信じるも信じないもあなた次第です。

またまた話を戻しまして、さらに子供の頃に「歌が下手!」と指摘されたことがトラウマになり、人前で歌えなくり音痴になってしまう人もいます。そりゃ気持ちよく歌っていたのに「あなた歌下手ね!」なんて笑われたら、鉄のハートを持たぬ限り人前で歌いたくなくなりますよね。

子供の頃は上手い下手ではなく、楽しく歌い、歌う事が好きになる!という事が大切なのです。やはり何でも「好きこそ者の上手なれ」なんですね。

その為にも、普段から音楽に触れさせ、ママさんも一緒に歌う事を楽しむ姿勢が大切になってきます。アカペラでも良いですし、音楽番組やCDを聴きながらでも良いんです!。多少の音程のズレなんて微塵も気にせず、楽しく元気に歌いましょう!

まとめ

楽しむことに技術は必要ありません。

パパやママが音痴だろうと歌ウマだろうと子供には関係ないんです。一緒に歌えることが嬉しいし楽しいんです。

「いや~それでも人前で歌うのはちょっと・・・。」

と躊躇しているママさん。別に人前で歌わなくてイインデス!ただ、家の中では子供と一緒に大きな声で歌ってみてください!そして演技でも良いので(!?)楽しんでください。

大好きなママが楽しそうに歌っている姿を見れば、子供は絶対に歌が好きになります

子供は可能性の塊です。無限にある可能性のカケラに触れさせてあげることは、親の大切な役目だと思っております。1人の人間の能力が開花するかつぼみで終わるかは親の行動次第かもしれません。そう考えると子育てって凄い仕事ですよね!

以上で本日のままれっじを終了いたします

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

 - 育児 , , , ,