子供の睡眠で最も大切にしたいのは早寝早起きじゃない!という話

      2016/12/04

こんにちは。ちゃんママです。

あなたは早寝早起きが得意ですか?

なんだか変な質問ですかね。得意不得意とかそんなこと意図せずに、ママは早寝早起きせざるを得ないですものね。

ではあなたのお子様はどうですか?早寝早起きできていますか?

「子供は早寝早起きさせるもの!えっ!?何故か?それは子供の成長のためには早寝早起きが必要だからに決まっているじゃない!」

と、理由とかは考えずに当たり前の事として早寝早起きを心がけているママさんも多いと思います。

健康の為に大切なのは間違いないのですが。しかし、この早寝早起きばかり意識し過ぎて、とても大切な○○○○を見逃してしまっているママさんも少なくないのだとか・・・

という事で今回のテーマは「子供の睡眠について」です。

睡眠について

体の疲れはマッサージに行ったり、ゆっくり温泉に浸かる事で取ることができます。それと同じようにヒトは睡眠によって脳の疲れを回復させています

一般的に

新生児~乳児きに必要な睡眠時間は12時間~14時間

1歳~3歳の幼児期に必要な睡眠時間は12時間~14時間

4歳~6歳に必要な睡眠時間は10時間~13時間

6歳~12歳に必要な睡眠時間は10時間~11時間

と言われています。

赤ちゃんは一日の半分以上を睡眠に費やしています。うちの赤ちゃんは寝てばかり・・・と心配しているママさんもどうぞご安心を。健康な証拠です!

では、睡眠が不足するとどうなるのでしょう?

食欲不振・注意力や集中力の低下・眠気や疲労感により生活の質が損なわれます。これだけではなく、成長の遅れを招き、更には将来の肥満の危険因子となることも分かっています。

なんと恐ろしい!たかが睡眠不足なんて、とても言えません。

みんな何時に寝ているの?

厚生労働省が行っている調査によりますと、4歳6カ月時点で最も多い就寝時刻は21時台で(50.1%)次に22時台(約21.9%)だったそうです。21時前に寝る子は5人に1人以下だとか。

子供の寝る時間が遅くなった背景には、夫婦の共働き世帯が増えたことが関係しています。特にママさんの就労時間が長いほど22時以降に就寝する子供の割合が多いそうです。

毎日遅くまで一生懸命働いているママさんは、家に帰ってきたら息つく間もなく家事をこなし子供の世話をしています。めちゃくちゃ大変な事ですよね。

どんなに頑張っても就寝時間が遅くなってしまうと悩んでいるママさんも多いのではないでしょうか?これはね~、しょうがないですよね。だってママだって人間だし。スーパーマンじゃないし。

専業主婦と働くママでは、家事育児に割ける時間が違ってしまうのは当然の事。どちらが良い悪いではありませんし、比べる事もできませんし比べる必要もありません。

みんな愛する家族の為に頑張っているという事に変わりは無いと思います。限られた時間を無駄なく過ごし、1分でも1秒でも早く布団に入れてあげる努力を働くママも専業主婦ママもしています。

子供の就寝時間で悩んでいるママさんには、是非次の事を知っておいて頂きたいのです。

大切なのは○○○○

うちは絶対○時までに寝ます!○時までに起きます!

いやいや、実は大切なのはそこじゃないんです。子供の睡眠に大切なのは何時までに「寝なくては。起きなくては。」では無いのです。

そう、本当に子供の睡眠に大切なのは何時間眠れているかなんです。いわゆる睡眠時間ですね。

どこかにお出かけした日や、パパママの都合などでいつもより寝る時間が遅くなってしまう日だってありますよね。そんな日は、無理にいつもの時間に起こすのではなくちょっと遅めに起こしてあげて良いんです。

寝るのが遅かったのに、早く起こしてしまっては十分な睡眠時間が確保できていない状態なってしまい子供の成長にはマイナスです。

ママが働いていたり、幼稚園や学校に通い出したら、「今日はいつもより長く寝させよてあげよう。」はなかなか難しいですが、そんな時は起こす時間をちょっとだけ遅らせてあげるだけでも良いでしょう。とにかく睡眠時間の確保を最優先にしてあげましょう。(いつも起きるのがギリギリになっているお子さんは・・・就寝時間を早くするしかありません!)

その代わりママさんは、朝ご飯にかかる時間を短くできるようにメニューを工夫しなくてはいけませんが・・・(我が家はおにぎりかお粥が時短朝食の定番です。)

子供の成長には絶対絶対欠かせない成長ホルモンが分泌されるのは睡眠中です。(眠りについてから3時間後に分泌されるそうです。)

十分な睡眠時間が取れなかったり、睡眠の質が悪いと成長ホルモンの分泌が阻害されてしまいます。子供の成長の為に十分な睡眠が取れる環境を作ってあげましょう。

まとめ

子育ても仕事も全部を完ぺきにこなそうと思わなくても良いのではないでしょうか?子供の睡眠を優先させたい時は、他の家事の手を抜いたって良いんです!カレーが2日続いて何が悪い!!!

子供を一番に考える事は大切な事ですが、それが強迫観念になりママ自信を追い込まないようにしてくださいね!

偉そうな事をつらつら書き記しましたが、我が家でも時たま、就寝時間が22時を超えてしまう事があり猛反省中です。

長女が幼稚園に通うようになり、だいぶ睡眠のリズムは安定してきましたが休日になると崩れるという・・・。

いかん、いかん。

この記事を自分への戒めとして、子供の睡眠の質向上に努めることを誓います!!

自分のママ力の低さを実感した所で、本日のままれっじを終了したいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

 

 - 健康 , , , ,