大人気シューズ駿足の良い所と悪い所。ママ目線の感想は?

      2016/11/27

こんにちは。ちゃんママです。

いきなり汚れた靴の画像でご気分を害された方がいらっしゃいましたら、お詫び申し上げます。すいません。我が娘の靴です。

先日、長女の幼稚園の運動会がありました。娘にとって人生初の運動会。これから、沢山経験する運動会の一番最初!という事で並々ならぬ気合いと期待を持って挑みました。

もし、生まれて初めての運動会で「運動会なんて楽しくない!運動会なんて大嫌い!」と思ってしまったら、これから毎年毎年やってくる運動会は苦痛以外の何物でも無くなってしまいますからね。

運動会って楽しい!と思ってもらうためにも、親としても子供の気持ちを盛り上げるよう努めました。

娘が現在履いている靴は駿足という運動靴です。運動会といったら、かけっこ!かけっこと言ったら「駿足」です。(私の中では。)

先日、テレビで駿足の誕生秘話的な特集をしていたのですが、履いていてワクワクするシューズ、履いたら走りたくなるシューズ、「速い子はより速く、苦手な子には夢を」という願いを込めて作っているシューズだそうです。

駿足の良い所

左回りのコーナリングで威力を発揮する非対称ソール。「右足の内側」、「左足の外側」にスパイクを配置することで、左側に体が傾いた場合でも、すべらずにしっかりと踏ん張りがきくように設計されています。

引用:アキレス駿足クラブ

靴なのに左右非対称っていう発想が斬新極まりないです!私も今の今まで、この事実を知りませんでした。(いかに駿足というネームバリューに魅かれて買ったか・・・)

運動会のトラックでも、オリンピックや世界陸上のトラックでも確かにトラックは全て左回りです。しかも、短距離でスピードが落ちるのは確実にコーナリングですからね。コーナーを制する者がレースを制す!みたいなw

他にも、メーカー側が謳っている「駿足」に備えられている機能としては、

・反射材が装着されている

・防水設計

・滑りにくい

・つま先を補強してある

と書かれておりました。

実際、娘に履き心地を聞いてみたところ「軽くて履きやすい!」とのこと。まあ、4歳の子供が靴の履き心地について、良い悪いを正確に判断できているのかは定かではありません。

確かに、メッシュ素材なので通気性は良さそうですし、軽くて、疲れにくそうだな。と感じています。また、インソールにはホールド感があるような印象も受けます。

今のところ靴を履くことに苦痛は感じていないようです。(ダジャレみたいですねw)

しかし、ネットの口コミを見てみるとこんな書き込みが多数見受けられました・・・

駿足の悪い所

作りが弱い

すぐダメになる!靴のへたりが早い!履いて2,3ヶ月で踵がすり減った!靴のソールが取れた!

などなど。とにかく動きが活発な子が履くと、数カ月と経たずに靴がボロボロになってしまう。という書き込みが非常に多く見られました。

耐久性より、速く走るという機能性を重視しているが故なんですかね?確かに、メッシュにビニールほどの耐久性があるとは考えられません。

幸いなことに、我が家の場合は娘が幼稚園の年少だからなのか、現在使用して6カ月目ですがそこまでひどい劣化はありません。靴を洗う時には、ブラシでゴシゴシしていますが、破れたり、穴が空いたりという事も無いです。

小学生になると、運動量もアクティブさも幼稚園児なんて足元にも及ばないほど増えてくるので、劣化早いようです。

※2016年11月27日追記:購入から8カ月が経ち、とうとう娘の「駿足」も穴が開きました。一番力が入る親指のメッシュ部分です。やはり運動量が増えてくると、負荷のかかる部分の劣化は早いですね。そして、メインの素材がメッシュであるが故に砂埃の影響をダイレクトに受け、靴下がすぐに真っ黒になってしまいます。

この「駿足」シリーズは毎年と言ってよい位のペースで新作が出ているようですので、こういった耐久性の部分も改善されていくと良いですね。(HPでは耐久性に優れているとの記述がありますが、2016年バージョンでは耐久性がアップしているのでしょうか?)

体に良くない

耐久性より、もっと気になるのが左右非対称ソールは子供の足には良くないのでは?という口コミです。子供たちが普段歩くのは、まっすぐな道であり、直線がほとんどです。コーナーばかり曲がっている子供なんていません。

ならば、日常的にコーナーに特化した左右非対称の靴を履くことが子供の足にとって良い事なのか?バランスの悪い靴を履き続ける事により、体のバランスが悪くなる。と言っている方が結構いらっしゃいました。

まあ、理屈は納得できますよね。

アキレスの言い分

しかし、アキレスさんは「そもそもこの駿足は日常的に、通学シューズとして履くことを目的として作った靴である。」と言っています。きっと、この左右非対称ソールを作るにあたって、真っ先に解決しなければいけない問題だったと思うんです。

「きちんとした靴を履き、人間が本来持っている足本来の機能取り戻し、正しく歩くことを考える」という「足育」理念をお持ちのアキレスさんが、靴を履くことで体のバランスが悪くなる。なんて問題をないがしろにするでしょうか?

様々な実験や研究を積んで作った靴ですから、私は問題無いのだろう。と信じています。と言うより、問題なんてあって欲しくないです。だって、実際娘に履かせていますから~(涙)

まとめ

結果的に、幼稚園の年少さんである娘にとって靴が「駿足」である。という事がメリット・デメリットを生んでいる様子は見受けられません。運動靴だけどデザインが可愛いので、娘はとても気に入っているようです。

本人が気に入っているので、私としては「駿足」を選んで良かったと思っています。なんだか「駿足」信者みたいになっていますが、私が「駿足」を買った理由は、セールで安かったから。です。( ゚∀゚)アハハ

先ほども言いましたが、毎年新しいデザインが発売されますので、型落ちとなったデザインの靴は、定価の半額位の値段でゲットすることができます。ありがたや~。

型落ちしていても「駿足」には変わりありません!

それでですよ、肝心なのはこの駿足を履いて足が速くなったのか!?という所です。結論から言うと、年少さんは運動会では直線しか走らなかったので駿足の良さは微塵も生かせませんでした。

なんなら、保護者リレーでがっつり2回もコーナリングさせられた私が履きたかったよ~。って思いました。

最初から、靴のおかげで足が速くなる!効果なんて期待はしていませんが、(いや、ちょっとは期待していたかも。)「駿足」がしてくれるのは、あくまで補助的な役割です。

結局のところ、本人の運動神経や足の速さが一番ものを言う事は言うまでもありません。食べ物で言うと、健康補助食品的な位置づけですよね。あくまでも、栄養は主食・主菜・副菜から取りましょう!的な。

運動会で活躍したければ、道具に頼るより、まず自分を磨け!と。その上で鬼に金棒的な感じで靴を選べ!と。

しかし、人間の脳というのは騙されやすいとも聞きます。「この靴を履けば早く走れる~。」と、本人が本気で信じ、自分に暗示をかけることで、今まで出せなかった能力を引き出すことができる!という点は否定できないと思うのです。

であれば、実はそれこそが「駿足」が持っている最大の良い点なのではないでしょうか。

 

「速い子はより速く、苦手な子には夢を」

 

この思いが込められている靴を履いている子供たちは、明日も力強く大地を駆け抜けていくのでしょうね。

以上で本日のままれっじを終了いたします。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

 - オピニオン , , ,