オムロンの体温計「けんおんくん」にエラー3が出てた時の一番正しい対処法。

      2016/12/18

こんにちは。ちゃんママです。

我が家ではOMRONの「MC-612」という体温計を使っていました。

ある日、体温計を使おうとスイッチを入れると「Er.3」と表示され、計測が出来なくなっていました。これはエラー3という故障を示す表示です。残念ながらこのエラー3が一度出てしまうと、再び使える可能性は限りなく0に近いです。

「これは参った・・。先日もPS3のコントローラーをぶっ壊したのに(水をかけてしまいました 涙)、次は体温計をぶっ壊したなんて言ったら、旦那氏にめちゃくちゃ怒られるぞ・・・」

とにかく焦った私は故障を直す方法を見つけるべく、説明書の隅々まで目を通しました。しかしそこに解決策はあ見当たらず・・・。その代わり、エラー3が出たらお客様サービスセンターに電話してね。というメッセー!?を発見!

そして藁をもすがる思いでオムロンのお客様サービスセンターに電話をしました。

スポンサーリンク

お客様サービスセンターの対応

電話対応をしてくれたのは、とても感じの良いオペレーターの方でした。

エラー3が表示され動かなくなった事を伝えると、購入した時期や、店舗などを聞かれました。しかし、その体温計は旦那氏が買ってきてくれたものでしたので、私は何もわからず。

「すいません。主人が購入したので私は何もわかりません。」

と正直に伝えたところ、「大丈夫ですよ。」と言われました。(ホッ。)

そして、「修理対象の体温計を着払いでオムロンに送ってください。」との事。送料とかの手数料って意外とバカにならないですからね。ありがたい配慮です。しかも、荷物は家まで取りに来てくれるという神対応ぶり!!自分で運送会社に持っていく必要が無いのは、子育てママ的には本当に助かりました。

まさに、カスタマーサティスファクション!(顧客満足度)完璧です。

因みに、「修理代はいくら位かかりますか?」と伺ったところ

「故障の程度にもよりますが、上限は1700円でその範囲内でご請求させて頂きます。」

との事でした。上限額が予想よりも低かったので、安心して修理をお願いすることが出来ました。

「1万円程かかる可能性もあります。」なんて言われたら、修理ではなく新しいものを買った方が賢明ですからね。

※エラー3が出た体温計はもちろん復活しなかったので、昔使っていた体温計を引っ張り出しその時は体温を測りました。こんな時に備えて体温計も2本はあった方が安心です。

修理を終えてビックリ!

1週間ほどでオムロンから体温計が返ってきたのですが、箱を開けてビックリ!

img_0217

我が家のMC-612という体温計は、MC-682という新しい体温計になって戻ってきました。この体温計も「けんおんくん」と書いてありましたので、同じシリーズの体温計なんですかね?

同封されていた修理報告書には「機能不良の為本体一式交換致しました。同機種の本体確保不可能な為同等機種MC-682に交換させていただきます。ご了承ください。この度は・・・」と書かれていました。

金額は修理料金として1700円プラス消費税136円の合計1836円を支払いしました。これが安いのか高いのかですが、調べてみたところ楽天やアマゾンの最安値と比べ100円くらいお安かったです。因みに、定価は3,800円(税別)でした。

しかし、「保証外修理での本体交換となりますので保証期間は3ヶ月となります。ご了承願います。」とのこと。普通に買ったら保証期間は1年はあるはずですので、100円の差でどちらの方がお得なのかは正直(?)な部分があります。

2016年10月追記:2016年8月1日受付分より修理料金の一部が改訂になりました。引き取りサービス料金として全国一律1000円かかるそうです。点検料の上限についても変わっているかもしれませんので、点検をお願いする際は確認してください!
オムロンお客様サポート 修理受付

けんおんくんMC-682の良いところ

手のフィット感がありますし、サイズ的にもとても持ちやすいです。もちろん15秒で測れる予測検温機能がついています。より正確に測りたい場合は、10分検温すると実測検温ができるそうです。

img_0218

この体温計の面白い所は、先端が柔らかくなっており、ぐにゃっと曲がるところです。何のためにこの様になっているかというと、脇に挟む部分が柔らく曲がる事で、痛くなりにくく、安心して検温できます。とのこと。

なるほど~。小さな心遣いを感じる体温計です。

体温計にメモリ機能がついていて、10回分の検温結果を振り返り確認することができます。

そして、地味にありがたいのがバックライト機能です。夜中の検温は暗い中行いますので、検温しても結果が全然見えないんですよね。しかし、この体温計は液晶部分がライトで光るので、暗い中でも結果が見えます。素敵~。

結果を見るために、携帯の明かりで照らしたり、電気をつけたりする必要はありません。

こう見ると、かなりママが子供の体温を測ることを意識して作られた体温計だな。と感じますね。オムロンさんありがとう~。

まとめ

新しい体温計を買うとなると、また1から調べて買わなくてはいけないので大変です。そういう意味でも、今回修理に出して代替品が送られてきた事は良かったかな~と。(ズボラ的思考ですね)

しかも、新しくなった体温計の方が使い勝手も良く、インターネットの口コミ評価も高かったので安心しました。

1つ欲を言うと、インターネットにて「修理に出したら無料で新しい体温計に交換して貰えた~!」という書き込みを目にしましたので、「我が家ももしかして・・・」と淡い下心を持っていたのですが、そこは見事に期待を打ち砕かれました。

やっぱり欲を出してはいけませんね。交換していただいただけでも感謝感謝。清い心を持って生きたいものです。

という事で、新しくなった体温計は絶賛大活躍中です。また万が一、この体温計が壊れたとしても、またオムロンのお客様センターに電話すればなんとかなる!という安心感が得られたことは、今回の一番の収穫だったかもしれません。

以上、私の経験によりオムロンの「けんおんくん」でエラー3が出てしまったあなたは、まずはコールセンターに電話することをおすすめします!

お問合せ専用フリーダイヤル(午前9時~午後7時まで)土・日・祝・年末年始を除く

0120-30-6606

 

以上で本日のままれっじを終了いたします。最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

 - お役立ち情報 , , ,